インテリア

家具選びの基礎知識【ブルックリンスタイル編】

近よく耳にするブルックリンスタイル。ブルックリンは若者やアーティストが多く住む地区です。
マンハッタンのラグジュアリーな雰囲気とは対照的で、古いレンガ造りの高さのない建物が多いブルックリンでは、ヴィンテージとモダンの両方を取り合わせた部屋作り好まれています。
今回はブルックリンスタイル入門のような感じでポイントをまとめてみました。

ブルックリンスタイルとは

メリカ・ニューヨークのブルックリン地区の昔から残っている建物をイメージした、古い感じのレンガ調や、ビンテージ風の家具やインテリア用品を取り入れたスタイルです。
アーティストの街として知られるニューヨークのブルックリン。この街のインテリアスタイルは、日本でも大人気で元々工場や倉庫が多かったため「インダストリアルスタイル」と呼ぶこともあります。

ブルックリンスタイルの特徴

徴は、内装にレンガやタイル、コンクリート、無垢の古材など、ビンテージ感の高い素材を用いていて、その空間に、革のソファ、アイアンの椅子や照明器具、無垢材のテーブルやチェストなどを配置して、黒や濃い茶色などダークな色を多用し、スタイリッシュな雰囲気にまとめます。あまりファブリックを多用せず、ラグやクッションだけを取り入れるケースが多いです。
黒やグレーなど無彩色のダークカラーか白が中心になります。

照明

明は暗めで個性の強いものを選びましょう。ペンダントライトを上手に取り入れる事が一番の近道です。

カーテン

骨ながら味があるブルックリンスタイルにはビンテージ&モノトーンのカーテンやファブリックがよく合います。また、ブラインドを使う事もブルックリンスタイルには合っています。

ブルックリンスタイル家具・雑貨店

journal standard Furniture 渋谷店
ヴィンテージ、インダストリアなテイストのインテリアショップ。アメリカンスタイルの家具・雑家はもちろん、洗練された都会的な生活を提案するヴィンテージを今に解釈したスタンダードなインテリアショップです。

ACME Furniture 渋谷店
オリジナルとヴィンテージの双方の個性と魅力をミックスさせた独自の世界観を提案。アメリカンヴィンテージとオリジナル家具と国内外のセレクトアイテムをファッション感覚のスタイリングで見せる構成のインテリアショップ。

ニトリ 渋谷公園通り店
渋谷公園通り店では、取扱商品数はフルラインナップの約7割。1~5階がホームファッション、6~9階が大型家具の売り場というフロア構成になっている。渋谷に遊びに来る若者を意識して、従来の店舗と比べると価格帯が低めの商品や、カラフルなアイテムを集めている。

NOCE(ノーチェ) 吉祥寺店
ノーチェは使い慣れたような心地良さと、日常にありながらもどこか贅沢なひと時をお過ごしいただけるカフェのようなデザイン性の高い商品を低価格で売っていることで話題のインテリアショップです。

インテリアと音楽
interior & music

画像引用:unsplash