インテリア

家具選びの基礎知識【アジアンテイスト編】

なさん日本の家にそのままアジアンテイストのものを取り込むと少しミスマッチになってしまったりしませんか?アジアンテイストは簡単なようで難しいスタイルなんです。
アジアンテイストの基本は自然な素材を生かし開放感のある空間作りやレイアウトが大切になってきます。色味はブラウンカラーをベースにしたカラーが基本です。では、もう少し詳しく見ていきましょう!

アジアンテイストとは

々な雰囲気の家具がありますがアジアンテイストのインテリアは自然素材の風合いをそのまま生かした素朴さと、アジアンリゾートや高級旅館などにみられる異国情緒たっぷりのスタイルになっています。
中でもバリや東南アジアをイメージした部屋作りは人気が高く、癒しやリラックスを求めて部屋をアジアンテイストにしている人達も多くみられます。

特徴

ジアン家具はハンドメイドで作られることが多く一つ一つ表情が違う個性的な風合いになっているのが特徴です。自然素材から作られており生命力を感じる深いダークブラウンの色合いが多く、直線的でシンプル、骨太なフォルムが印象的です。
バンブー(竹)やヒヤシンス、ラタンなどのオリエンタルな素材を使った物を選ぶとよりアジアンテイストに近づきます。

照明

はり籐や竹、麻などのアジア地域の自然素材で作られた編み込みデザインの照明は誰もがアジアンテイストらしいと思える照明です。また日本古来の和紙を使った照明もおすすめです。和紙は繊維が長いため薄くても強靭で寿命が長く独特の風合いを持っています。

カーテン

単にアジアンリゾート風にするならば白いレースのカーテンに深いダークグレーのカーテンが一番アジアンテイストに近いです。民族衣装のような柄物や幾何学模様のシェードなどもおすすめです。
高級ホテルなどでは濃い茶色の木のブラインドを使う所も多いですがこちらは一般的ではないように感じます。

アジアン家具・雑貨店

a.flat 目黒通り本店
日本のライフスタイルに、アジアン素材の温もりを融合したオリジナルデザインのアジアン家具・アジアンインテリアを展開しています。アジアンモダンがコンセプトになっていて、ランタン素材を使った商品などもあります。

KAJA(カジャ)
「リゾートのように暮らそう。」をコンセプトに、天然素材を使用したオリジナルデザインのアジアン家具・雑貨販売やインテリアコーディネートを通して、リゾートスタイルの暮らしをお届けするインテリアショップです。

libur sini(リブール シニ)
東京の目黒通りに面するアジアン家具・雑貨、バリ家具の専門インテリアショップ。
東洋と西洋からの視点を軸に、従来のアジアンリゾート家具にモダンを融合させた、モダンアジアン家具を提案。現地直輸入なので価格がリーズナブルなのも魅力。

チチカカ
チチカカは『Play COLORFUL! Share HAPPINESS!』というブランドテーマを元にカジュアルエスニック・カラフルアジアンなファッション衣類や雑貨通販を行っています。世界各国の個性的だけど気軽にオシャレを楽しめる洋服や雑貨を販売しています。

チャイハネ
チャイハネは『フォークロア世界への旅』というブランドテーマを元にエスニックファッション・アジアンファッション・アジアン雑貨・アクセサリーのオリジナル商品を全国の店舗・通販で取り扱っています。

インテリアと音楽
interior & music

画像引用:unsplash